昨今の働き方事情

多様な働き方が求められている昨今、離れた場所で働く「テレワーク」という働き方に注目が集まっています。

各人が異なる場所で働くと、企業内での情報伝達や結束力などに影響が出てくるのでは?という不安があるかもしれません。
そこで登場するのがWeb会議、テレビ会議、電話会議etc といった「コミュニケーションツール」です。

インターネット回線を利用して、動画や音声のやり取り、さらには資料の共有などができるため、離れた場所にいても効率よくミーティングを行うことができます。

各種ICTを利用した会議は、今やテレワークに必要不可欠なツールとなっています。

そこで、今回は「テレワーク」における「MP:eMeeting」の活用事例をご紹介します。



MP:eMeeting 構成例

・ホスト:TCP/IP通信ができれば、社内インターネットであるかは問わず、どこに設置されていても問題ありません。

・クライアント:PC、タブレット等、お手持ちの機器にクライアントアプリをインストールすることで、会議に参加できる環境になります。

MPeMeeting構成例


MP:eMeeting 資料準備(会議準備)

発表者は、ホストに会議資料を登録しておきます。

会議参加者は、MP:eMeetingのクライアントアプリを起動しておきます。

MPeMeeting 資料準備(会議準備)


MP:eMeeting 資料準備(会議開始)

会議用のSkype、ハングアウト等を起動し、一緒にMP:eMeetingも起動して使用します。

MPeMeeting 資料準備(会議開始)


MP:eMeeting 資料準備(会議後)

ホストアプリを終了すると、会議参加者の資料は自動的に削除され、クライアントに会議資料を残しません。

MPeMeeting 資料準備(会議後)


MP:eMeeting 動作環境

  OS 必要スペック その他
ホストPC/
PC版クライアント
Windows 7/8.1/10 2.8GHz以上のx86互換CPU

1GB以上のメモリ(2GB以上を推奨)

LAN(有線/無線)対応必須
iOS版クライアント iOS 10.0 以降 iPad (第4世代) 以降
Android版
クライアント
Android 5.0 以降 1280×800の画面解像度

512MB以上のメモリ(1GB以上を推奨)

Wi-Fi機能必須
Mac OS X 版
クライアント
Mac OS X
10.11以降
Intel Core Duo 1.83GHz以上

512MB以上のRAM(1GB以上を推奨)

LAN(有線/無線)対応必須

AIR 27以降

接続台数は、タブレット端末のみの無線通信環境でも最大50台まで検証済みです。


MP:eMeeting 動作確認済端末

  • 推奨無線LAN機器

     メーカー  機器  その他
    アライドテレシス AT-TQm1402  別途DHCPサーバーが必要
    AT-TQm5403
    フルノシステムズ ACERA 1010
  • 動作確認済端末

     動作確認済端末  OS  液晶
    (inch)
     解像度  備考
    iPad Air2/iPad iOS 10.0 ~ iOS12

    動作確認済

    9.7 2048×1536  配布方法はApp Store以外に、iOS Developer Enterprise Program
    (お客様側で契約いただきます)による配布も対応可能です。
    iPad Pro 10.5 2334×1668
    iPad Pro 12.9 2732×2048
    LAVIE Tab E TE510/HAW PC-TE510HAW Android 7.1.1 10.1 1920×1200 接続が不安定な時はWLANの設定の「スリープ時のWLAN接続」を「常に接続する」に設定してください。
    HUAWEI MediaPad T3 10 Android 7.0 9.6 1280×800
    Arrows Tab F-04H Android 6.0.1 10.5 2560×1600
    ASUS ZenPad 10 Z300M Android 6.0 10.1 1280×800
    Nexus 9 Android 6.0 8.9 2048×1536
    LENOVO YOGA TABLET2 PRO Android 5.0.1 13.3 2560×1440

お問い合わせ・資料請求・試用版お申し込み